ホーム >カリットギョウザの特徴
   
   
カリットギョウザが独特なのは、そのユニークな「調理方法」にあります。「焼く」というより、むしろ「揚げる」。フライパンに多めのお水と油を同時に入れて「茹でる」と「揚げる」を同時に行うことで、外はカリッと中はジューシーという食感を実現しています。
   
ひとつひとつが大きいのも、カリットギョウザの特徴です。ボリューム満点で、きっとお腹も大満足にさせてくれるでしょう。
   
おかずは餃子一品で大丈夫。その理由はボリューム以外にもあります。餃子といえば、お肉・・・と思われがちですが、カリットギョウザの具材には30種類の素材をぜいたくに使用。野菜がたっぷりな栄養満点の餃子です。毎日忙しいお母さんの強い味方になってくれるでしょう。
   
お店で手作りしている自慢の厚い皮は、揚げることでおいしさが更に引き立ちます。外はカリッと中はモチモチ食感。この厚い皮が、具材から出る旨みを封じ込めてくれます。